大人漫画.com

【同人コミック】リアリティ

本文を読む

M物語(小説)SFチックな女性化身体改造、調教系SM小説です。——————————————リアリティープロローグ2035年、リアリティー社は仮想空間を構築。商用としてサービスを開始した。空間は2017年の地球を模写しておりクローン培養された生物が息づいている。そこで生を受けたクローン達は自分が仮想空間で管理コントロールされていることに一生気がつかないで生を終えた。クローンの中にはアバターと呼ばれる特殊な生命体も飼育されていた。このアバターも普段は通常のクローンとして生きているのであるが、普通のクローンと違っているところは現実の空間から人がシンクロすることである。すなわち、リアリティー社への報酬と引き換えにアバターの中に入り込み、数時間から数年間の間、仮想空間で生活することができるのであった。もちろん、アバターと現実の身体はリンクされており、アバターがなんらかの原因により不慮の死を遂げた場合は即刻精神は現実の身体へと生還される仕組みになっていた。旅行者の中には仮想空間の秩序を乱そうとする者も現れた。現実の世界から旅行者は絶えずモニタリングされていが直接的にコントロールすることは出来なかった。そこで、エージェントと呼ばれる管理人が仮想空間に赴き不適格な旅行者を強制撤去するのである。簡単に言えば旅行者を仮想空間の世界で殺害することにより現実の世界へ召喚するのであった。「お呼びですか?社長」「あぁ、ユウジ。よく来てくれた」「何か問題でも?」「これを見てくれ」ユウジは社長によって開けられたドアの奥を覗き込んだ。「これは・・・・」そこには、十数体のエージェントが横たわっていた。エージェントはプラグのついたヘルメットを装着しているのだが、活性化状態を示すランプはみな黄色を点滅させていた。「君も聞いていると思うが、次から次へとエージェントとの連絡が途絶えているんだ」「黄色のランプが点滅しているということはこん睡状態ですか?」「そう。殺害されたのであればコチラの世界に自動的に精神が戻り、身体と融合するのだが仮想空間の中で生きても死んでもいない状態のようだ」「何者かの仕業ですか?」「ふむ」「先日、君の友人であるケイに調査を依頼したんだが、彼も例外ではなかった」ユウジが再び横たわるエージェントに目をやると、そこには友人のケイが横たわっていたのである。「ケイ!」「・・・・・」「信じられない・・・ケイ程の腕利きエージェントが敵の虜になるとは・・・」「どうだ?行ってくれるかな?」「もちろんです。ケイを救出してきます。」◆「真希、ご指名だ」「・・・・・はい」栗色の長い髪は腰の近くまであるだろうか、黒のタンクトップが身体に纏わりつくように膨らんだ胸とくびれたウエストを綺麗に形とっている。ミニスカートは膝上20cmのところで止まっており、すらっと伸びた太腿を露わにしていた。身長は女性としても低い方であろうか、150cmを少し越えた位であった。目鼻立ちのハッキリしたキュートな顔立ちは○校生とも見える容姿であった。プラダのバックを片手に持ち、ミュールのパンプスを履き、斎藤真希は男の後に続いた。マンションの前には黒塗りのベンツが真希達を待っていた。男と真希が後部座席に乗り込むと行き先も確認することなく車は静かにスベリ出した。「解ってると思うが、今日の相手はお前にとっても大事な方だからな」「・・・・・」「粗相のないようにするんだぞ」真希は男の言葉を聞いているのかいないのか、無言のまま長い栗色の髪を後頭部の辺りにまとめていた。「聞いているのか?!」「・・・・・」真希は小さい頃に両親と死に別れ、独りで生きてきた。彼女は○学を卒業すると施設を飛び出し東京に上京したのだが、定職につくことも出来ずに水商売を転々としていたのである。しかし、最近の不況は水商売をも直撃しており、真希の勤めていたバーも二ヶ月前に店を閉じてしまったのであった。借金を抱えて真希はすぐに窮地に立たされてしまった。それを見越したように現在のデリヘルから誘いがあったのである。半ば強制的に借金をチラつかされ新たな仕事場として今の仕事を選択させられたのであった。男は無視を続ける真希の髪を鷲掴みにした。「なんとか言えやぁ~」「・・・わかってるよ」「その言葉使いはなんだぁ?もういっぺんいうてみーぃ?」「わかってます!」「最初からそういえやー、品のないやっちゃ」真希は乱れた髪を再び整えだしたのである。ベンツは数分で目的のヒルトンホテルの前に着いた。「わかってるな?気に入られるよう素直に言うことを聞くんやで」「・・・はい」真希がこれから逢うことになっている澤田雄一は政財界でも顔役の男であった。真希の所属するデリヘルを裏で経営する広域暴力団と強い繋がりもあるようで利権への代償として真希が差し出されたのである。「見染められれば、お前の借金も帳消しだから気張って来いや」真希はホテルの広いロビーを抜け、エレベータに乗り込んだ。最上階のボタンを押すとすぐにドアが閉まり真希を乗せたエレベータは上昇を始めた。エレベータはカプセル型をしており、すぐにガラス張りの向こうに東京湾が広がった。地上を歩いている時は海がこんなにも近いとは思わなかったが、ホテルから見下ろすそれは手の届くように思えるほど近い位置にあったのである。「ふうー」階を表示する数値が目的の階に近づくに連れ、真希は始めての経験に緊張を覚えていた。何を言われても、絶対服従することを約束させられていたのである。目的の部屋はすぐに見つかった。黒いスーツに身を包んだ男が二人、部屋の前で警護していたのである。「ご連絡を受けた真希です」黒いスーツに向かって真希は告げた。男の身長は190cmを越えているだろうか、真希の背丈は男の胸の辺りまでしか到達していなかった。天井を見上げるような状態である。「斎藤真希さんですね?・・・どうぞ」男んの言葉は丁寧だったが、顔は明らかに真希を侮蔑する表情を示した。男は軽くドアをノックした後、ドアを開けた。真希は男に促され一人部屋へと入った。部屋の広さは30畳もあるだろうか、真希の部屋の何倍もあった。男は眺望の良い大きな窓ガラスの前に背を向けて立っていた。「こちらに来なさい」「はい」真希は男の斜め後ろまで進んだ。顔は見えなかったが、60歳を少し越えたくらいだろうか世代の割りには背が高く凛々しい感じを受けた。「よい眺めだろ?」「はい」男が言うように、夕日がビルを赤く染め世界を一変させていた。「ここで全裸になりなさい」一言いって、男は部屋の奥に向かって歩き出した。「・・・・・」一瞬、真希は自分の耳を疑った。男はソファーに腰掛、黒いシュリエットとして褐色化した眺望の中に真希を見ていた。「聞こえなかったかね?」「いえ・・・でも、ここでは外から・・・」「いいじゃないか、皆に君の綺麗な身体を見せてあげようじゃないか」「・・・・」「私の言うことが聞けないのかね?」「わかりました・・・」真希は黒のタンクトップとミニスカートを脱ぎ近くのテーブルの上に置き男に向き直った。ブラとパンティーだけとなった真希を黙って咎めるように男は見た。無言で全裸になるよう男は真希に命令しているのである。「ブラとパンティーもですか?」男は答えなかった。何も直接指示されないことは真希にとって辛いことである。男から的確に命令されるのであれば行動に移し易いのであるが、無言の指示は判断に困るのである。要求されていないことまでしてしまう恐怖があった。ブラを外すとスレンダーな身体とは反して豊満なバストが露わとなった。再び真希は男の顔を見た。パンティーを脱ぐことも望んでいるか確認したのである。真希は仕方なく男の前でパンティーを脱いだ。「脱ぎました」「もっと窓際に近づきなさい」「はい」一歩、二歩と窓際に全裸の真希は近づいた。もし、このホテルのこの窓を見上げる人がいるなら、真希はその者に視姦されてしまう状態であった。「何人の人間が君の綺麗な身体に気がつくだろうね(笑)」「そんなー」「両手を上げて窓ガラスに置きなさい」真希は万歳の格好で窓ガラスに手を触れた。普通に立っているより、外から見え易い格好にされたのである。煙草の煙が真希の鼻をついた。ソファーに座りながら男は煙草を吸い、羞恥心に苛まれる真希を眺めているのである。突然、後ろからバストを鷲掴みにされた。「あぁ・・・」真希は反射的に身を捩り手を下ろそうとしたのであるが男はそれを制した。「そのまま!」再び、真希が両手を上げたことを確認すると男は真希の乳首を摘まんだのである。「あぁ、ああ」真希は身体を捩り無言の抵抗をした。しかし、男の指先は少し固くなった真希の乳首から離れることはなかった。それどころか抵抗を咎めるように乳首を摘む指に力が入ったのである。「痛っ」真希は動きを止め、無言で服従を表した。「良い娘だ・・・笑」男の手が真希の股間に向かって動き出した。「なんだ?これは」「・・・・」迂闊にも真希の身体は羞恥心と乳首への愛撫に反応してしまっていたのである。「お前は淫売だな」「そんなことありません。貴女が愛撫するから・・・」「うん?逆らうのか?」「そんなことないです」「お前は淫売だな?」再び男は同じ質問を繰り返したのである。明らかに真希への肯定を強要しているのである。「はい」「やっぱりそうか・・・こんなに濡れてしまってるぞ」「・・・・」「どうして欲しい?」「・・・・」「入れて欲しいんだろ?」真希は男の求める通りに頷いたのである。「ハッキリ言わないとわからないぞ」「・・・・」「なにをして欲しいんだ?」「男性のモノを・・・入れてくださぃ」真希の声は聞き取れないくらい小さなものとなっていた。「よし、これを使うか。僕のものは役に立たないので代用品なんだよ」男は大きなバイブレータを真希の目の前に近づけた。「そんな大きなもの・・・・駄目です」◆「ユウジ、準備はいいかね?」「はい。いつでも」「君のアバターは大手商社に勤める28歳の男性だよ。合気道の達人だから、活動するには持ってこいの身体能力だ」「了解しました」装着していたヘルメットのランプが青に点滅しだした。激痛がユウジを襲う。「うわぁぁぁぁ」何度体験してもこの苦痛だけは慣れない。とユウジは思っていた。ユウジの視界が白い光に包まれていった。その時である。計器の異常を知らせる警報が鳴り出したのだ。「おいどうした!?」社長が叫んだ。転送先アバターに異常が発生しています。「なんとか回避できないのか?」「駄目です。このままではユウジの精神は拡散消滅してしまいます」「別のアバターに移転させられないか?」「でも、準備が・・・ランダム転送するしかありません」「一時的に現実の身体とのリンクが切断されてしまうな」「こちらからはアバターが特定できなくなってしまいます」「ユウジのことだから異常に気がつき、すぐにコンタクトを取って来るだろう」「だと思います」「緊急処置だ、ランダム転送に切り替える」「はい」リアリティ ...