大人漫画.com

【同人コミック】とらんす

本文を読む

M物語(小説)ボクは旅行中、羽黒山で学友の美佳と出会った。不思議な出来事はその時を境に始まった。身体が彼女と入れ替わってしまったのだ。精神入れ替え小説。——————————————————————第壱章プロローグ(古代神事能の伝承)少し汗ばむ初夏、郊外に建てられた広いキャンパスでは木々の緑が光の中で輝いていた。八雲裕紀の心も1年の長い浪人生活から解き放たれ希望に満ち溢れていた。もっとも暗い人生は裕紀の主義に反するのでそれなりの息抜きはしていたのだろう。したがって、やっと入学出来た大学だが世間の評価では一流どころか二流にも入っておらず、将来の人生設計が希望に満ち溢れているとは決して言えないだろう。それでも、これから始まる4年間のことを考えると裕紀の心は希望に輝いていたのだ。しかし、入学して3ヶ月が過ぎキャンパスのあちらこちらでカップルが目に付くようになって来たにも関わらず、裕紀の周りにはいつも親友の岡本太一と橋本浩介がいた。女性の影も形も見えないのだ。(早く彼女を見つけないと暗い4年間を送る事になってしまう。これから夏休みに突入しようというのに、なんで男3人で旅行の計画を立てなくてはいけないんだなんとかしなくては!!)などと裕紀は考えていた。「おい!八雲、聞いているのか?」突然、思考に割り込んで来たのは、岡本だった。クラスが同じでたまたま席が隣り合わせだったことから一緒にいるようになったのだが、どちらかといえば彼は体育系で裕紀とは目指しているものが違うようである。高校時代は柔道でインターハイの準決勝までいった程の強さで彼の事を知っている人も多いらしい。大学でも勉強よりスポーツに明け暮れている。もっとも、裕紀にしても勉学に励もうと思っているわけではないのだが、スポーツに打ち込むことは絶対にありえないと思っている。その横にいるのは橋本で岡本とは正反対のガリ勉タイプである。彼とは試験の時にノートをコピーさせて貰ってからの付き合いだ。「ああぁ、聞いてるよ、でも東北かぁ?夏なんだから海外にでも行かないか?」裕紀は橋本を味方に付けるべく同意を求めたのだが見事に期待を裏切られてしまった。彼は出身が九州だという事もあって、こちらに居るうちに一度は東北へ行きたいとの事だった。結局、形だけでも民主主義国家である日本では多数決により夏休みの行動が決定されてしまったのである。裕紀はグァム島の水着ギャルを諦め、彼らに自分の運命を任せることにした。そう思うと裕紀は旅行話には上の空でサンサンと降り注ぐ太陽の光を浴びたキャンパスを眺めていたのだ。木々や建物、キャンパスを行き交う人々までもがキラキラと輝いている。「あれ?」ふと気が付くとその中に一個所、自ら輝きを発している所があるではないか、目を凝らすとそれは紛れもなく人間であった。「八雲!どうかしたか?」一点を見つめている裕紀を不思議に思ったのか岡本も彼の視線を追った。「彼女か。同じクラスだよな。確か名前は神野美佳って言ったかなぁ?おとなしい感じだけど遊んでいるって噂だよ。もしかして八雲のタイプか?でも彼氏が居るみたいだよ。あれだけ可愛いと先輩がアプローチしないわけないしね。彼氏が居ない方が不思議かもしれないな」「あんな娘、同じクラスに居たのかぁ?なんで気が付かなかったのだろう」美佳は視線を感じて足を止めた。大学に入ると同時に東京に出て来て、今は大学から10分のアパートに一人で暮らしている。上京する時は都会の生活に一抹の不安も感じていたのだが、今は生活にも慣れ友達も出来て大学生活をエンジョイしていた。「美佳!どうしたの?早く!」美佳は友達の真奈美に呼ばれ、急いで学食へと向かった。「今日は何にする?」真奈美はカンウターの上に掲げられた、いつものメニューを見ながらそれとなく聞く。「私はラーメンと餃子にしようっと」幸子が言うと美佳と真奈美も暗黙のうちにそれに従い列の後尾に並んだ。「美佳?さっきはどうかしたの?」「なんだか人に見られてるみたいな気がして・・・」「あぁ、それって良くあるわよね、特に欲求不満の時とか(笑)。美佳も早く彼氏を見つけないと暗い4年間を送ることになっちゃうわよ」3人はラーメン餃子を受け取り窓際の空いているテーブルに向かった。「夏休みどうする?私の友達がグァムのチケットを手配してくれるって言うんだけど」真奈美が話を始めた。「友達って彼氏じゃないの?」「彼が旅行に行こうって言うんだけど、まだ二人きりじゃね。」「彼の友達も来るって言うから美佳も行かない?」「なんだか、数合わせのような気もするけど私が付き合ってあげよう」幸子が手を上げ参加表明をしたのである。「あなたは彼氏がいるでしょ?彼はどうするのよ」幸子を窘めるのだが、美佳が夏休みは山形の実家へ帰らなければならない事を知ると手の平を返したように真奈美は幸子の同伴を認め、メンバーはあっけなく決まってしまった。2人が旅行の計画を練っている間、美佳は光の輝くキャンパスをなんとなく眺めていた。「なんだろう?あの光は・・・」上越新幹線で新潟まで2時間10分、そこから羽越本線で2時間、裕紀は今、鶴岡にいる。(鶴岡は藩政時代からの文化遺産が多く。江戸と明治、仏教とカトリックが融合した薫り高い文化の町でそんな史跡を探訪するのが楽しい)裕紀は1人、本屋で観光案内を立ち読みしているのである。岡本と橋本と裕紀は3人で東北の山形まで旅行に来ていたのだが、ここ鶴岡で彼は岡本らと剥ぐれてしまったのだ。グァム島旅行の計画が却下された時点で裕紀は彼らに計画の全てを任せていた。付録のように付いて来ただけの裕紀は旅行の行動予定を全く把握しておらず、宿泊場所すら聞いていなかったのだ。もっとも男3人旅なので宿を手配していたかどうかも定かではないのだが。呆然としていても拉致があかないので自力で観光周りをしようと鶴岡の本屋で研究をしている最中なのである。「出羽三山だったかなぁ?」頭の片隅にチリのごとく残っている彼らの会話を思い出していた。この本によれば有名な観光名所であるらしいので、とりあえず行ってみることにした。裕紀がバス亭で時刻表を調べ買ったばかりの観光案内を読んでいると、突然・・・・「こんにちわぁ」振り向くとそこには髪をポニーテールにまとめたジーンズにTシャツ姿の神野美佳が黒い大きな瞳で裕紀の観光案内を覗き込むように立っているのだ。「何を読んでるの?」彼女は大学のキャンパスにでも居るかのように話しかけてくる。「どうして君がここに?」彼女の質問には答えず裕紀は疑問を投げかけた。「びっくりした?後をつけてきたのよ!」少しふざけた顔で彼女は笑った。本当のところは彼女の実家が櫛引町というところで夏休みを利用し帰省して来たのだ。彼女もこんな所でクラスメートに合うとは思わず、驚いてたようだ。裕紀が2人と剥ぐれてしまい途方に暮れている事を知ると彼女は櫛引町に来ないかと薦める。彼女の説明では櫛引町には室町時代から伝わる黒川能という古代神事能があるそうで、今では国際的にも有名で国の重要無形文化財に指定されているらしい。「私の家は汚いところだけど広いから八雲さんの1人や2人、十分泊れるから」と付け加えたのだ。裕紀にとって美佳の提案は悩み事を2つも同時に解決してくれる申し出であった。裕紀は断る理由もなく2つ返事で同行することにした。バスを降りると60歳前後の老人が彼女を迎えに来ていた。代々神野家に使える使用人だそうで彼女が経緯を説明すると訝しげな顔をして裕紀の体を嘗め回した。「ようこそいらっしゃいました。」取って付けたように一言いうと老人は彼女の荷物を受け取り先を歩きだした。「のこのこ付いて来て良かったのかなぁ?勘違いされたかもしれないな」老人の態度に気後れした裕紀は小声で美佳に念を押した。「勘違いされても私は構わないわよ(笑)」とあっけらかんとしているのだ。20分程歩くとそこは神野家であった。田舎の庄屋のようなものを想像していたのだが立派な門構えに整った庭、池まであって値段はわからないが高そうな鯉まで泳いでいる。彼女の家は黒川能が表の能だとすると裏の能にあたる神山能伝承の家系で真の神事を司っているらしい。血を継ぐ人にも不思議な力が受け継がれているそうだ。今でいう超能力みたいなものらしいが代によって能力は違うとのことだった。「美佳も能力があるのか?」「少しね」「美人に変身できるの」「ほら!」美佳はニッコリ笑ってこれが私の能力よ。と裕紀をからかうのである。「あのねー!(笑)」その日は能楽堂のような伝習館を見学するだけで彼女の家に戻ることにした。明日、彼女の案内で朝から出羽三山に出掛けることにしたのだ。早い夕食を彼女の両親と一緒に取り大学での話や裕紀自身の話など尋ねられる事にいろいろ答えていた。娘が自分の監督下から放れ都会の生活をはじめた事が田舎に住む美佳の両親には心配なのであろう。泊り賃だと思えば安いものだ。会話を続けていると「ご両親は納得してるのですか?」突然、意味不明な質問が投げかけられた。僕が首を傾げていると彼女が横から「ちがうのよ!」いつになく真剣に否定したのでかえって気になり真意を確認する事にした。話を聞いて裕紀は唖然としてしまった。お父さんの言うには神山能の継承者は男性でなくてはならないらしい。はじめは美佳の御両親が裕紀を美佳の結婚相手と間違えてこの家を継承するのだと勘違いしたと思ったのだがどうも違うらしい。継承者は精神的血を引いてなくてはならず美佳本人でなければならないとのことなのだ。すなわち、女性である美佳は20歳までに男性の代体を探して精神を入れ替え男性にならなければないらしい。成功しなかった場合、彼女は体と精神が遊離してしまい肉体は滅び精神はこの世を永久にさ迷うらしい。代体する男性も誰でも良いわけではないらしい。霊波の相性というのがあってそれが合致しなくては代体とはなり得ないのだ。相性の合った霊波を持つ男性の存在は希であり残された1年間でに見つかる可能性は非常に少ないとのことだった。迷信ですよね。と言おうと思ったのだが真剣なご両親の眼差しを見るとそれ以上尋ねることが出来なかった。隣にいた美佳までが悲しげに下を向いてしまっているのだ。夜中に目を覚ますと見知らぬ天井が目に入ってきた、ここは神野家だった。昨日は美佳の家に泊めて貰ったのだが、いつもより早く寝た為にこんな時間に目が覚めてしまったようだ。裕紀は昨晩の妙な話の事を思い出していた。(冗談でも言ってるのならともかく顔が真剣だった。美佳まで悲しそうな顔をしているし、この家の人々は皆信じ込んでしまっているようだ。明日は早く旅立つことにしよう)時間が気になり寝る前に枕元に置いた自分の腕時計を見ようと寝返りをうって時計をとり眺めると暗くてよく見えないが、まだ12時だった。「あれっ?」胸のあたりが枕にぶつかり違和感がある。恐る恐る、腕時計をもとの位置に置いて胸に手をやると胸の辺りに弾力性のある膨らみが肌蹴た浴衣から垂れ下がっているではないか。「なっなんだ?」裕紀は部屋の電気を点けて布団の上に座り、肌蹴た浴衣の合わせを開いて覗き込んだ。彼の胸には紛れもない女性のバストがそこにあった、その先にはピンク色の男性の物より明らかに大きめの乳首がそれぞれついているのだ。彼は恐る恐るバストの先にある乳首を摘まんでみた。それは確かに彼自身のものとして大脳と神経が繋がっていた。頭が混乱していると急にトイレに行きたくなって来たのだが、不安が沸いてきた。(もしかしてオチンチンは?)今度は浴衣の裾を肌蹴てトランクスを覗き込んだ。「無い!!」とらんす ...