大人漫画.com

【同人コミック】処刑大博覧会 狂乱の三日間

本文を読む

爆田鶏書肆管理人の私もづかない間になくなっていた残忍無残なサイト、「鶴見遊園パノラマ館」においても、最長にして最凶と言っても良い作品、『題名未定』のリメイク版です。で『題名未定』なんて作品を誰が買うとも思えませんので、販売にあたって『処刑大博覧会狂乱の三日間』と改めています。で内容としては南の方のとある島に移転した女子○○と女子大学からなる学園が、突然何かに目覚めた島民たちに襲撃されて、生徒と女性教員が尽く虐殺されてしまうという内容ですから、ざっと女教師二十名、女子大生百五十名、女〇○生二百五十名が処刑され尽くされてしまう、それはそれは大変な小説です。もちろんこれだけの人数がいるのですから、十把一絡げで殺されてしまう者もあり、色々趣向を殺して殺されるものもあり、嬲り者にされた殺される者あり、拷問された挙句に殺される者あり、シンプルに殺されるものも、運を天に任して色々んなのを組み合わせて殺されるものもありと様々ですが、なにしろこれだけ処刑しようと言うのですから、自ずとあらゆる処刑方法を網羅したような小説になってしまいました。また当然とんでもない長編ですから、そのつもりでお読みください。さらにこれだけの作品ともなれば前置きも十分すぎるほどにくどいですから、適当にすっ飛ばされても構いません。また今から読み直すと何とも下手糞ですから手を加えようかとも思ったのですが、何分長すぎて面倒な事、それはそれで味がないとも言えなくもない事、何よりもそんな事をすればただでさえ馬鹿長いのがもっと長くなりそうな事などから、改変はしましたが最低限に限っています。また当作品について他のサイトに投稿したものや、また内容を参考にしていただいたサイト、オリジナルでの転載もありますのでお断りしておきます。処刑大博覧会 狂乱の三日間 ...