大人漫画.com

彼女が母親だったら

本文を読む

始まりひとつのUSBメモリーからだった。友人の勇太から「これお前が一人のときに見とけよ!」とワタルはUSBメモリを渡された。ワタルは帰ってから家で一人の時ににそのメモリの中にあるデータを見る。するとそこには裸の勇太と破廉恥な下着を着けた自分の母親が映っていたのだった。勇太のペニスを頬張り、フェラチオしたあと精子をゴックンする母。そして勇太のペニスを自分のアソコに挿入し、母は淫らに喘いでアクメする。その映像を目の当たりにした勇太は、家に戻った母親の顔を見られず家を飛び出してしまう。そこで勇太の母親と偶然出くわして、勇太に一つの考えが浮かぶ…。彼女が母親だったら 先行販売 1話 先行販売 2話 先行販売 3話 ...